よくあるご質問

01 保険治療 / 特別治療

Q. 整骨院の治療は、保険が適用されるって本当ですか?
整骨院で行う全ての治療に保険が適用されるわけではありません。柔道整復師という国家資格をもった施術者が行う、一部の治療のみ健康保険が適用になります。特別治療には、保険が適用されませんので予めご了承下さい。
Q. 予約の必要はありますか?
当院は予約優先制です。待ち時間が気になる方には予約をおすすめしております。
Q.治療時間はどのくらいかかりますか?
症状によって異なります。初回は、問診やお体の状態の確認がありますので、一時間程度みてください。二回目以降は、患者様のご希望があれば出来る限り対応させていただきますので、お気軽にその旨をお伝え下さい。
Q.どんな治療を行っていますか?
患者様ひとりひとりの症状に合わせた施術を行っております。詳しくは、下記のページで詳しくお伝えしておりますのでご覧下さい。
保険治療はコチラ / 特別治療はコチラ
※尚、当院ではマニュアル化されたような治療は行っておりませんので、どうぞご安心ください。
Q.着替えはありますか?
スカート、スーツ、ジーンズなどで御来院された場合でも、当院で着替えをご用意しております。もちろん御持参して頂いても構いませんし、施術時の服装は、身体を締め付けないものであれば基本的に何でも構いません。
Q.施術を受けるにあたっての注意点はありますか?
妊娠中の方は、お申し出ください。また、飲酒後の御来院はご遠慮ください。その他、施術を避けたほうがいい状態だと判断した場合は、その日の施術をお控え願いますので、予めご了承ください。
Q.子供が手の離れない年齢なのですが、一緒に連れて行っても大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。当院ではお子様をお連れになり通院される方が多いです。一緒に治療室に入って、常にそばに付いて頂くこともできますので、どうぞご安心ください。
Q.はり治療は痛いですか?
当院ではり治療を受けた方のほとんどが「想像していたのと違い、痛みを感じなかった」と言われます。実際、髪の毛ほどの太さ(0.16mm)の非常に細いはりを使用しますので、ほとんどの方は痛みを感じません。万が一「痛い!」と思ったら遠慮なくお伝え下さい。
Q.はり治療で感染しませんか?
ご安心ください。当院で使用する「はり」は全て使い捨てのものです。感染の心配はございません。
Q.鍼灸の施術は何歳から大丈夫ですか?
生後1ヵ月の赤ちゃんから施術可能です。日本では江戸時代から「小児はり」という治療法があり、お子さんの疳の虫(かんのむし)の治療や健康管理に使われ、効果が出ています。
Q.お灸は熱いですか?
「少し熱いかな?」程度のもので、当然、痕は残りません。当院では、基本的に熱を感じたらもぐさを取り除く方法や、もぐさを直接皮膚につけない方法で施術致します。
Q.施術後に注意することは何ですか?
以下の事をお控えください。
1、激しく体を動かす事。
2、過度の飲酒。過度の飲酒は治療効果を下げてしまいます。
3、施術後すぐの入浴。一時間は空けた上軽めの入浴をおすすめします。
Q.フェイスタオルは換えてくれますか?
フェイスタオルは一人一枚で一回の使用で洗濯していますのでご安心ください。ハンカチをご用意いただく患者様も多いですし、貸し出しもしております。

01 保険治療 / 特別治療

Q.接骨院でも自賠責などの保険が使えますか?
接骨院は国家資格による医療機関です。 国民健康保険などの各種保険による治療を行っており、交通事故や労災での保険治療も行っています。 接骨院を薦めない保険会社担当者もいるようですが、被害者にとってはどの医療機関にかかるかは自由です。
Q.治療費はかかりますか?
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので窓口での負担はありません。安心して治療に専念していただくことができます。
Q.保険会社とのやり取りはどうしたらいいですか?
保険会社とのやり取りは当院が行います。(当院で治療を受けることを電話だけしていただきます。詳しくはご相談下さい。)
Q.現在、他の病院・接骨院・整体院に通院しているのですが・・・
交通事故の場合、病院に通院しながら当院で治療を受けることも問題ありません。 当院で治療・リハビリを行い、病院で定期的に診察されている患者様もみえます。 また、接骨院・整体院等にすでに通院されている方でも当院で治療する事が可能です。(治療中でも転院や併用も出来ますので、ご相談下さい。)
Q.待ち時間が長いのでは・・・?
時間のない方でも通いやすいように待ち時間を出来るだけ短くしています。
Q.症状が軽くても自賠責保険で治療が受けられますか?
症状の軽い重いは関係なく保険で治療を受けられます。 治療費は全て保険会社が負担します。初めのうち症状が軽いからとほっておいて、後から痛みが強くなることが多くみられます。時間の経過とともに事故との因果関係がはっきりしなくなります。 少しでも違和感を感じられた時は、早めに受診されることをおすすめします。
Q.どんな治療を受けられますか?
理学療法・マッサージ・背骨矯正・微弱電流療法などから、ひとりひとりに合った治療を組み立てていきます。
Q.突然行っても治療してもらえますか?
大丈夫です。予約はないので気軽にお越しください。その際の窓口負担はかかりません。(できれば、まず保険会社さんに受診することをご連絡ください。)
Q.保険会社が治療を行う医療機関を決めるのでしょうか?
どの医療機関にかかるかどうかは、被害者が決めます。 保険会社は強制することは出来ません。医療機関の名称と連絡先を伝えるだけで、その後は保険会社と医療機関がやり取りをします。
Q.通院する医療機関を変更できますか?
保険会社に電話で伝えるだけで変更ができます。

03 加圧トレーニング

Q.加圧って血を止めることですか?
適正な圧で血流を制限しますが、血を止めるということではありません。
Q.適正な圧っていうのは?
加圧値については個人にあった適正圧があります。専門のトレーナーが個人にあった圧を設定し、トレーニングを行います。
Q.低負荷って、実際どのくらいで効果がでるの?
鍛える程度、部位によっては道具を使わずに加圧ベルトをつけて生活するだけでも効果が得られます。
Q.血流を制限するものはなんでもいいの?
血流を制限すればいいというものではありません。
加圧ベルト以外のものだと筋肉が動いたときや太くなったときに過大な圧がかかることがあるので大変危険です。
Q.加圧トレーニングをしていたら二の腕に赤い斑点ができてきたけど…。
末梢の血管の先端にまで血流が行き渡っている証拠です。 数日で消えますし、トレーニングを続ければ血管が鍛えられるのでなくなります。
Q.加圧トレーニングって家でもできるの?
加圧ベルトさえあれば自宅でも加圧トレーニングを行うことができますが、加圧ベルト購入時に受けるセミナーの内容をきちんと守ること、トレーナーの指示に従うことが重要です。
Q.あまり筋肉はつけたくないのですが…。
ボディビルダーのような体を作るにはそれなりの食事とトレーニングが必要になります。 通常の食事、トレーニングではムキムキになるようなことはないので安心して下さい。
Q.ケガをした際にもトレーニングを行えるの?
加圧トレーニングの場合、あまり体に負担をかけずにトレーニングを行うため、ケガをして、医師の治療後に行うトレーニングとしても効果的です。
Q.加圧トレーニングと通常のトレーニングではどれほどの差があるの?
加圧トレーニングと通常のトレーニングで筋肥大の様子を比べた場合、体に負担の大きいトレーニングを続けるよりも、加圧トレーニングを行う方が筋力は肥大します。
Copyright(c) げんき鍼灸整骨院 All rights reserved.